私のニキビにはビーグレンが良かった

私のニキビにはビーグレンが良かった

ニキビ肌&乾燥肌という二重苦の肌質で、常に口の周りやアゴにニキビがあります。色々とスキンケア化粧品は使ってきましたが、悩んだ末にたどり着いたのが「ビーグレン」です。ビーグレンにはトライアルセットがあったので、始めやすかったのがきっかけです。

 

ビーグレンには、モンモリロナイトという天然クレイの洗浄成分が使われている洗顔料があるのですが、私はそれがすごく良かったです。いつもは泡立てるものを使っていましたが、このクレイウォッシュは泡立てません。泡を立てなくても、天然クレイの吸着力がしっかりと汚れを取ってくれるからです。とにかく肌色が明るくなって、透明感が出たことにびっくりでした。

 

その後に使うクレイローションは、浸透力がものすごかったです。まさに「乾燥肌が水分を飲む」という感覚を覚えたので、他の化粧水では物足りなくなりました。ベタつきはなく、サラッと使えるタイプのローションです。

 

続いて使うものに、Cセラムという美容液やQuSomeモイスチャージェルクリームがあります。Cセラムって、ビーグレンの中でもすごく人気の美容液なんですね。確かに、肌につけるとほんのりあったかくなるんですよ。使う度に効いてる感じがします。QuSomeモイスチャージェルクリームは、どちらかというと乳液に近い使用感です。でも、普通の乳液みたいに、肌を覆う嫌な感覚はありません。

 

ニキビの状態ですが、今はひとつもありません。ビーグレンを使ってからも少しはできることがありましたが、治りの早さも違いました。これからも使い続けていこうと思っています。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら

 

 

アゴにできる大人ニキビには市販の塗り薬がいい

20代の頃から仕事のストレスで顔中に大人ニキビができてしまい、スキンケア化粧品にお金を費やす日々でした。アパレル関係だったので、上司に肌の状態を指摘されることもあり、肩身の狭い思いをしてきました。顔の中でも特に口周りやアゴに集中してできるので、食事で口を開けるのも億劫になりがちでした。治ってはでき、治ってはでき、の繰り返しは本当に辛かったです。

 

大人ニキビにはスキンケア化粧品だという決めつけが自分の中にずっとあったのですが、皮膚科を受診してみたら?という親のアドバイスもあり、早速皮膚科に行ってみました。

 

皮膚科では薬を処方していただきましたが、私は寝込むほどの副作用が出てしまい、次に出してもらった漢方薬では急性肝炎になってしまいました。処方してもらったクリームも、油分ばかりが多く、アゴの大人ニキビには余計に合わない始末。大人ニキビに負けたんだ…とあきらめていた頃、市販薬で良さそうなクリームを見つけました。一か八かで購入し、使ってみたところ、とっても良かったんです!

 

特にアゴは乾燥も原因のようで、そのことを踏まえたクリームだったので、とても効果的でした。今では大人ニキビはほとんどできなくなりましたが、またいつできるかわかりませんので、常にそのクリームは常備してあります。皮膚科にもよりますが、受診すると100%治るとは限らないんだなと痛感しました。