オルビスとビーグレンの比較とまとめ

オルビスとビーグレンの比較とまとめ

ニキビでお悩みの方に、オルビスとビーグレンが大変人気があります。オルビスは昔からある化粧品会社で、評判も良くニキビケア化粧品にも力を入れています。またビーグレンも先端のテクノロジーを取り込んでおり、よく売れている化粧品となっています。

 

そんな二つを比較してみると、どちらもよい商品ではありますが異なりがあり、オルビスはコストパフォーマンスに優れ、使用感もどちらかというとエタノールが使用されているためさっぱりしていると言われています。そのため混合肌や脂性肌の人に向いているといえるでしょう。

 

逆にビーグレンは保湿力に優れていると言われており、またピュアビタミンCなどが高濃度で含まれているため少し高級感があり、乾燥肌の人に向いていると考えられます。繰り返しできてしまうニキビには、後者の方が向いていると考えられます。

 

どちらも人気のある商品ですが比較してみると使用したかたの使用感や実感などがかなり異なってくるため、どちらにしようか悩んでいる人はどちらも試してみることをおすすめします。その上で、自分の肌に合ったものを選んでいくようにしましょう。

 

同じように売れていて似ているように感じられますが、全く異なる化粧品であるということがわかると考えられます。

 

 

男のニキビ改善にも使えるビーグレン

ビーグレンは男女兼用で、思春期にも大人ニキビにも使うことができます。ビーグレンのニキビケアアイテムはどれも優秀ですが、中でも洗顔のクレイウォッシュと美容液Cセラムは大人ニキビに悩んでいる人にオススメなアイテムです。

 

洗顔フォームのクレイウォッシュは、毛穴よりも小さいモンモリロナイトという超微粒子クレイが主成分として使われています。潤いを残しながらも汚れはしっかり落としてくれるパワーがあります。

 

皮脂汚れや雑菌を吸着して代わりに美肌成分と保湿成分を肌に残して炎症を和らげてくれるので、予防とケアがまとめてできるアイテムなんですね。

 

モンモリロナイトは肌の汚れや古い角質、参加した余分な皮脂を引きつけて落とし、さらに肌に美肌成分を定着させてくれるので、ミクロの掃除屋とも呼ばれています。洗い上がりにツッパリ感もなく、しっとり肌に導いてくれます。

 

他に炎症を和らげるグリチルリチン酸2K、肌に保護膜を張ったりターンオーバーを整えるスクワラン、カモミラエキス、保湿成分のあるヒアルロン酸も含まれています。

 

美容液はピュアビタミンが含まれていて、これには肌を酸化から防ぐ作用があります。ビーグレンに配合されているものは、ビタミンC誘導体よりも効果の高い成分です。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら