あごにできる大人にきびの原因

あごにできる大人にきびの原因

あごにできる大人にきびの原因は、乾燥とターンオーバーの遅れです。フェイスラインは皮脂の分泌が少ないので乾燥しやすい部位です。肌は乾燥すると潤いを補充しようと皮脂を多めに分泌するようになります。

 

皮脂の過剰分泌は毛穴を詰まらせニキビの原因であるアクネ菌を増殖させます。思春期にきびはTゾーンなど元々皮脂の分泌が盛んな部位にできやすいですが、大人にきびは乾燥しやすい部位に多く見られます。

 

またターンオーバーが遅れることで大人にきびができるのは、古い角質が溜まるためです。ターンオーバーでは古い角質を落とすことで健康な肌をキープしますが、大人になると代謝が低下してターンオーバーも遅れます。

 

すると必要のない角質がいつまでも肌に残って毛穴を塞ぎ、にきびを作ります。ビタミンやミネラルはターンオーバーを促進する作用があるので、栄養バランスに気をつけて食事をすると良いです。

 

女性は社会人のマナーとしてメイクをして外出することがほとんどですが、メイクをきちんと落とさないと毛穴詰まりを起こします。しかしメイクを落とすためにゴシゴシ洗顔すれば肌に摩擦が生じて乾燥するため大人にきびを増やしてしまいます。洗顔はふんわりとした泡に汚れを吸着させながら行います。

 

 

おでこにできる大人ニキビについて。

おでこも皮脂腺の多いパーツなので、大人ニキビができやすく、前髪で擦れたりして刺激を受けやすいので、なかなか治りにくい部位だと言えます。

 

ニキビに刺激を与えると、悪化して炎症がさらに広がり、クレーターのようなニキビの痕ができる危険性があるので、できてしまったニキビには前髪などの刺激をできるだけ与えないようにすることが大切です。

 

おでこにできる大人ニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥があげられるので、治し方としては、不規則な生活を送っていたり、睡眠不足である人はニキビができたときに、しっかりと生活改善を行うことが重要です。

 

また、毎日正しいスキンケアを行い、洗顔でしっかりと皮脂を落とすことも大切です。髪の生え際に洗顔料が残っていたり、熱すぎるお湯で洗顔すると、肌に刺激を与え乾燥を招くので、ぬるま湯を使って優しく洗うようにしましょう。

 

洗顔後は、ビタミンC誘導体やグリチルリチン酸など有効成分が配合された化粧水を使って、すぐに保湿を行うことを心がけましょう。

 

正しいスキンケアを行なうことと、ビタミンが豊富に含まれる野菜や果物中心の献立にして十分に睡眠時間を取り、生活習慣を整えると、ターンオーバーが正常に働くようになるので、次第におでこのニキビも改善されていきます。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら