あごにできた大人ニキビが痛い時

あごにできた大人ニキビが痛い時

ニキビって思春期にできるものというイメージがありますが大人ニキビに悩まされている人も結構いるんですよ。顔にできることが多いんですが中でもあごがよくできる場所として有名です。

 

あごにできた大人ニキビは他の部位よりも親玉になりやすく熱を持ち痛くなってしまうこともしばしば。いつかは熱が引いて元に戻りますが跡が残ることもありますし、再発することもあります。何よりも痛いのが辛いものです。

 

何度も再発するあごニキビはとにかく予防が大事です、毛穴に汚れが詰まってニキビができてしまいますのでとりあえずきれいに洗顔することが大事です。そして大人の場合は乾燥対策をしなければいけません。

 

乾燥しているのにオイリーなのが大人ニキビの原因ですのでしっかりと潤いで保湿してください。これを守ればニキビの連鎖も食い止められるかもしれません。

 

あとやっちゃいけないのはニキビの部分を自分で触る事です。触ってしまいますとそこから汚れが入ってしまいます。手は汚れていないように見えてもスマートフォンやキーボードを触った時に汚れが付着していることもあります。膿んでしまったときも絶対につぶして完治させようとはしないでください。跡が残って汚くなります。

 

 

ビーグレンでニキビが増えることがあるのか

ビーグレンは、有効成分としてCセラムというビタミン誘導体と天然クレイ成分であるモンモリロナイトという成分が含まれて製造されています。cセラムには肌の新陳代謝を良くする効果があり、モンモリロナイトにはニキビなどの原因となる汚れや細菌を吸着する働きを持つ成分です。

 

こうした二つの成分とそれを浸透テクノロジーで肌の奥まで浸透させることで、肌荒れなどの炎症を抑制することとなりますが、一方では逆にビーグレンを利用してニキビが増えたとする声も存在します。本来、モンモリロナイトは肌に不要な物を吸着して除去するという性質を持つため、肌に優しくケアを可能とする成分です。

 

しかし肌質が酷い乾燥肌となると逆に不向きで、皮脂や汚れの吸着力が強すぎることでニキビが増えたとする事例もあります。そのためビーグレンは、人によって適する適しないの二つの傾向を持つため、実際にサンプルなどで確認を行ってから本格的な検討をすると良いです。

 

ちなみにモンモリロナイトは鉱物成分ですが、稀に金属アレルギーをお持ちの方にはアレルギー反応を示す場合もあります。ビーグレンは比較的に肌には優しく毛穴から皮脂や肌に悪い不純物を吸着する優れた働きがありますが、従来から金属アレルギーをお持ちの方は使用を控えた方が良い場合もあります。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら