あごにできた大人ニキビの治療法

あごにできた大人ニキビの治療法

大人ニキビは、あごや首、頬などにできやすく、ホルモンバランスが乱れることが原因で起こる場合があります。
特に、大人になると、ストレスや睡眠不足、運動不足などによってホルモンバランスが崩れてしまい、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。
また、ファンデーションの洗い残しなども毛穴のつまりの原因になってしまいますから、正しいスキンケアをおこなうことが大切です。

 

白ニキビや黒ニキビなどは、まだ初期の段階ですから、生活習慣を改善したり、正しいスキンケアを行うことで改善させることはできますが、赤ニキビや黄色ニキビなど毛穴に炎症が起こっている場合には、なかなか自力で改善させることが難しいため、皮膚科を受診することが大切です。
皮膚科では、飲み薬や塗り薬のほか、特別な機器を用いた治療も行っていますから、なかなか治らない大人ニキビで悩んでいる人は、一度受診してみるとよいでしょう。

 

皮膚科で行っている大人ニキビの治療には、毛穴のつまりをとるアダパレンや炎症を起こしたニキビに効果的なクリンダマイシンなどの抗生物質なども処方されますから、自分の症状にあった治療を受けることができます。
これらは保険適用となりますが、完治しないときには保険外適用の薬などもあります。