医療薬の開発技術を使ったニキビケア

医療薬の開発技術を使ったニキビケア

ニキビで悩んでいる人は、肌の状態やバランスが悪くなっており、肌が本来持っている保湿機能や自然治癒力を復活させることで、症状を改善することが可能になります。

 

ビーグレンは医療薬の開発現場で使われている浸透技術を用いて開発されており、肌の保湿機能の回復に効果を期待できます。ビーグレンでは、浸透技術を研究開発したアメリカの大学から責任者を招いて、ニキビケアの化粧品開発を行っています。

 

当化粧品メーカーは、日本人の肌質に適した製品開発を第一としており、科学的に根拠のある成分や技術だけを用いています。そして、安全性に関しては、細心の注意が払われています。

 

ビーグレンの洗顔フォームには、超微粒子のモンモリロナイトが含まれており、これが肌に浸透して毛穴の汚れを除去してくれます。しかも、潤いはそのまま残るので、保湿力を保ちながらニキビケアができるわけです。

 

他にもクレイ洗顔料は出回っていますが、それらとはレベルが違う効果を発揮することになります。また、肌に合わない場合は、使いかけであったも365日返品できることで、代金も全額保証されます。

 

また、カスタマーサービスも充実しており、20時間のオペレーター対応がなされています。何よりも、浸透技術のQuSome(キューソーム)によって、必要な成分を角質層の奥にまで届けられるのが魅力です。

 

 

首のニキビにはビーグレン

ニキビは顔だけでなく、体にもできます。首にもできることがあります。首にニキビができると治りにくく、赤みのある跡が残った場合は、かなり目立ちます。

 

大人の吹き出物の場合、肌のバリア機能が低下したり、乾燥によって起こるケースが多いです。色素沈着の跡が残らないように、早めに治してしまうことが大切です。

 

ビーグレンの美容液は、大人になってからできる吹き出物を優しくケアします。様々な肌トラブルに高い効果が期待できるピュアビタミンCを配合し、独自の浸透テクノロジーを使って肌の奥までスムーズに届けます。長時間肌に留まることができるので、効果が持続します。

 

ビーグレンでは、ニキビケア用のトライアルセットがあります。肌トラブルの連鎖を断ち切って、健やかな肌へと導きます。

 

洗顔料の中には、洗浄力が強すぎて肌に必要な皮脂まで落としてしまう製品もあります。ビーグレンの洗顔料は、吸着洗顔によって優しく洗い上げます。汚れや古い角質はしっかりと落とし、水分と油分のバランスを整えて潤いを保ちます。

 

そのため、大人の吹き出物のケアにも適しています。生薬として使われてきた薬用成分が配合されたローションで、炎症を抑えて吹き出物を防ぎます。ピュアビタミンCが配合された美容液で、皮脂の分泌を抑え、透明感のある美しい肌へと導きます。

 

⇒ビーグレンを試してみたい方はこちら